マテにゃん!用語集

用語


Generation(生成)→ものを新たにつくり出すこと。マテにゃんでは猫や動物などから人間にされたものを指す。 Generationされる際に体の大きさや見た目などは術者によって決められその後、体の成長は止まる。頭の良し悪しはその術者の能力に一部 比例して知識がつく。

偏見→元々が猫や犬なためGenerationされた動物は差別の眼で見られてしまう。

錬金術→元は卑金属を貴金属の金に変えようとする化学技術のこと。マテにゃんでは物を再構築する能力を指す。代償がある。最先端の非化学だが化学として国が認めている

天才→主人公相馬の愛称。普段はつかわれないが異質な錬金術を行ったとき「天才だから」という理由で誤魔化される。

マテリアル学園→主人公が教師として通う学園の名前。高校。錬金術科、化学科、構成技術科がある。生徒はこの3つ全てを3年間受ける

錬金術科→錬金術を学ぶ授業を受けることができる。実技。錬金術科の教師は生成された動物を1人助手として手伝わさせるのが義務付けられている。

化学科→錬金術がどのような仕組みで動いているかを学ぶことができる。

構成技術科→行ってはいけない錬金術を学んだり、物や生物がどのような仕組みで出来ているか学ぶ。またどのような代賞を受けるかも学ぶ

代償→錬金術を使用した時に反動として受けるもの。通常人間を生き返らせるなどの行為は己の命すらも奪われるとされている。 現在の技術で猫・犬・鳥限定でその種族を人間として生成させることができるが行える人間は数少ない。生成された生物は体の成長が止まる。 死んだ生物は生成できない。怪我の治癒としての力もある。

人物用語

相馬健徒→マテにゃん!の主人公。23歳。マテリアル学園錬金術科の教師を19歳から受け持つ天才。世間渡りがうまく都合よく人を動かす。意外とやさしいハズ・・・。

ミミ→ツッコミ役ことヒロイン。猫歳6ヶ月。Generationで命を助けられ相馬の助手になる。振り回されているがそれなりに人生を楽しんでいる。

アリス→猫からGenerationされたお嬢様。猫年2歳。相馬の事を想っておりいつも追いかけているがよく無視される。不屈の猫で属性はバカっ子

理事長→本名・頤使総一郎(いしそういちろう)。63歳。マテリアル学園の理事長でありアリスの育ての親。自分が子供に恵まれなかった分、アリスを娘のように可愛がっている・・・と思う。

木田玲子(きだれいこ)→主人公と同じマテリアル学園錬金術科の先生。カイのご主人様。普段は温厚だがキレるとあぶない。25歳

カイ→犬からGenerationされた奴隷(?)。犬年3歳。好奇心旺盛で子供っぽいがそれを利用して女に近づく。ミミを一方的に溺愛している。

美原沙耶(みはらさや)→主人公の家のお隣さん。ミミ(で遊ぶ)を可愛がるのが趣味で主人公とは昔からの長い付き合い。地元の病院の看護婦で29歳。 三十路と言うと殺される。主人公の仕事柄かGenerationされた動物を忌み嫌わないミミの数少ない友達。

美和衿(みわえり)→マテリアル学園2年A組の生徒。16歳。いつも活発で周りのムードメイカー(トラブルメイカー)。木田先生の妹、玲奈と仲が良く 一緒に居ることが多い。ついでに私服がいつもバカっぽい。

木田玲奈(きだれいな)→衿と同じマテリアル学園2年A組の生徒。17歳。おっとりとした性格で大人しい。木田先生と違って気性は荒く無い。 衿とは学園からの付き合いで今では親友。

戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO